ラベル Windows の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Windows の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

Visual Studio Codeを自分流にカスタマイズ

もう5月です。
新年度を1ヵ月経過したよ!
でも仕事がちっとも忙しくならないよ!

前回に引き続き、
Visual Studio Codeネタ。

俺はプログラマーではないので、
あくまで非常に便利なテキストエディタとして使っている。
なんだけど、オリジナルが海外製なので、
日本語環境でガッツリ使うためにはちょっと一手間が必要だったり、
いろいろとテキストエディタとして使うための便利な設定を都度やる必要がある。

今回は、俺が個人的に設定している内容を紹介。
真似するほどでもないけど、
備忘録として残しておき、参考にしてもらえると嬉しいなw


テキストエディタとして「Visual Studio Code」を使ってみる

テキストエディタは何使ってますか?
メモ帳?
サク◯エディタ?
秀◯?

俺は◯丸を永年フリーソフトとして利用していたんだけど、
あいにくWindows版しかなくて、
MacだとCo◯Editor、
LinuxだとViと、
OSによってエディタを使い分けてた。

そもそも秀◯に金払えって感じなんですが、
どのようなOSでも共通で動いて、
しかもフリーで、
軽量で使いやすそうなエディタ「Visual Studio Code」を見つけた。

しかも安心(?)のMicrosoft製。
Visual StudioをIDEとして利用していたプログラマーさんたちは
とっつきやすいんじゃないかな。

ちなみに俺はプログラマーではないので、
「ただのテキストエディタ」として使うつもり。

まぁ、◯丸のようなマクロ機能は無いものの、
マクロがないと、業務が捗らなくて死にそう・・・というわけではないので 別にマクロが無くてもいいかなw

インターネットで色々と調べてみても結構評判も上々で、
なかなか使い勝手が良さそう。
あとは日本語環境特有の文字コードが難有りなんだが、
デフォルトでShift JISを使うようにすれば問題ないかな。

ちなみに見た目はこんな感じ↓。
配色テーマもある程度カスタマイズできるんだけど、
なかなかこれと言った物が決まらない感じw
image

その他、個人的にカスタマイズした内容等については別記事で書くかも。

Node.jsとnpmを導入する(Windows編)

詳しいことは割愛するんだけど、
「SyntaxHeighlighter」がBlogger上で使えなくなってることが判明。

代替として、どっかのWebホスティングサーバを借りて・・・
ということを思いついたんだけど、
・Google DriveやDropboxはWebホスティング用途してはそぐわない
・AWSでWebサーバを構築すんのは金がかかる
・どっかのレンタルサーバを借りるのは金がかかる
と、踏んだり蹴ったりなんだけど
GoogleのFirebaseというサービスが無料でWebホスティングサービスが使えるっぽい。

というわけで、Firebaseのために
まずはローカル上にNode.jsとnpmというJavascriptを動かすためのツールを入れよう。

今回はWindows編。

インストーラーを実行すれば楽ちんなんだけど、
バイナリ形式だとプログラム一覧にも記載がされないので、
インストールするのはちょっと・・・という人もご安心あれ。

Happy Hacking Keyboard Professional BTをゲッツ

うひょー!
会社から「なんか欲しいもんない?福利厚生以外で」って言われたので
冗談で「高級キーボードが欲しい」って言ったら、
ほんまに買ってくれたwwwwwwww

だいぶ前に安物のLite2を自腹で購入

そのときは、上位版の「Professional JP」が欲しいと思っていたので、

会社にも↑が欲しいと伝えたら、
なぜかBluetooth版がやってきましたwwwwwwwwwww
それでもいいやwwwwww

Macでリモートデスクトップを使うとJISキー配列じゃなくなる問題

MacからリモートでWindowsにアクセスしたいときってあるよね。
もちろんできるよ。
そう、Macならね。

AppStoreにMS謹製のアプリがありますん。


でも、上のアプリだと日本語環境がちょっと問題あって、
キーボード入力がUS配列になっちゃんだよね。

日本語入力の際はIMEをONにすればいいんだけど、
US配列になれてしまった意識高い方たちなら問題ないんだけど、
JISキーオンリーな人に取ってはちょっと厄介者。

だからAppStoreの評価も低いんだと思う。



じゃあどうすればいいのか?
頑張ってUS配列を覚える?

別のアプリがありますん。

Remote Desktopのベータ版。
以下からダウンロード。
https://blogs.msdn.microsoft.com/rds/2015/08/11/introducing-the-new-microsoft-remote-desktop-preview-app-for-mac/

 →http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=619698&clcid=0x409

当然ながらMS謹製。

こちらのベータ版だと、
・キーボード配列がJISのまま
・日本語入力の切り替えが「英数」「かな」が使える
・Mac、Windows間でクリップボードの共有ができる
など、メリットな機能が目白押し。

JISキーオンリーな人でも問題なくRDPが使える。


見た目もだいぶ違う。
こちらがAppStore版。
Microsoft_Remote_Desktop

こっちがベータ版。
rdp beta


これで更に会社用のMacbookが捗るぜええええええ



既に知っている人は知っている。

2017/3/9追記

うーん、たまになんだけどJISキー配列じゃなくて

US配列になっちゃう・・・。

USキーボードの配列も覚えたほうがいいかも知んないなぁ。

これは意識高いwwwwww


CiscoルータにDHCP ServerとWPADを設定

ネットワーク機器といえばCisco。
Ciscoと言えばIOS。
あ、Appleの「iOS」とは違うよw

ITインフラを主に仕事しているので、
サーバだけでなくネットワーク機器も触るのもザラ。
JuniperやYamaha、Ciscoなんでもカカッテコイww
というわけで、
今回はCiscoルータに有りがちなDHCPサーバを設定し、
DHCPのオプションでWPADも設定してしまおうというお話。

WPADってなんだ?ってのは
↓を参照。
https://blogs.technet.microsoft.com/jpieblog/2014/10/22/wpad/

Windows向け無償バックアップソフト「Todo Backup Free」を試してみた

公式サイトの方から
Twitterでレビューを書いて下さいってお願いされたので、
レビュー記事を書いてみた(柄にもなくブロガーっぽいwwwww)

EaseUSのツールといえば、
Partition Masterを昔にXpのパーティションサイズを変えたことがある気がする。

今回はWindowsのバックアップソフトである「Todo Backup Free 9.2」を試してみたよ。
サイトは↓から。

 http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

やはりPCを使う上でバックアップは必要。
普段メイン使いはMacなので当然Time Machineは設定してあるし、
業務用サーバもバックアップが必須。

Windowsでも標準でバックアップ機能があるんだけど、
如何せんそれほど使い勝手が良くないのが実情・・・。
Windows Server 2008からの「Windows Backup」で
XP/2003の「NTBackup」に比べて圧倒的に使いやすくなったんだけど、
まだまだ使いこなせるかというと微妙なところ。

Windowsではサードパーティ製のバックアップツールが主流だね。


詳細は続きから。


まだ無料でWindows10にアップデートできる!?(条件有り)

Windows10への無料アップデートは今年の7月で終了した。
以降のアップデートは有料となる。
というのが常識なんだけど、

つい先日、手元のWindows機を無料でWindows10にアップデートできた!

やり方を知りたい?
詳しくは続き。


Windows10のインストールメディア(USBメモリ)を作る

そういや、嫁さん実家のWindows機をWindows10に上げるのを忘れてたなぁ・・・w

パソコンを使ってて、
何か不具合に陥った、もしくはOSディスクがぶっ壊れたとき、
外部のインストールディスクがあれば何とかなるケースが多い。

Macだとインストールメディアがなくてもなんとかなるんだが、
Windowsだとインストールメディアって言うより起動ディスクがないと結構積む。

ものすごーく今更なんだけど、
Windows10だと気軽にインストールメディアを作れるので、
家庭に1つあれば幸せになれるかもしれない。

では作り方をご説明。


【迷走】SkylakeのCPUを搭載したWindows7、8.1は通常通りのサポート期限に

今年の1月に衝撃的なニュースがあった。

MS「Windows10への移行を早めるために、最新のCPUを使ったWindows7と8.1のサポート期限は2017/7/17までやでー」
というヤクザな会社=Microsoft

いつまで経ってもWindows10を使ってくれないからなのか、
しびれを切らした横暴策に打って出た。

当然ながら周囲の反発は相当なもの。

そして3月。
MS「メンゴメンゴwwwwやっぱサポート期限を1年延長するやでー」
1月発表時点で余命1年半と宣告されたのが、
2年半になりましたwwwwwwww

で、つい先日。
MS「サーセンwwwwやっぱり元に戻して2020年7月までにしますwwwwwww」

これぞまさに迷走。
この対応に振り回されたIT屋さんも多いのではなかろうか?

事の顛末は↓に上手くまとめられているのでそちらを参考して、どうぞ。
Windows 10 The Latest:Skylake CPUに対するWindows 7/8.1の早期サポート打ち切りが撤回され、元通りに - @IT



Windows Server 2012 R2でローカルユーザーのパスワードを緩くする

久々のWindowsネタかつありきたりのネタw

Windows Serverが2012になって、
セキュリティポリシーが厳しくなっており、
新規でローカルユーザーを作成するときは
パスワードをある程度(というかかなり厳しく)複雑にしないといけないのよね。
何も考えずに簡単なパスワードでユーザーを作ろうとすると、
↓のように怒られる。
image

じゃー、どんだけ複雑にしないといけないのかというと・・・
以下、サーバーの説明より抜粋。

複雑さの要件を満たす必要があるパスワード

このセキュリティ設定は、パスワードが複雑さの要件を満たす必要があるかどうかを決定します。

このポリシーが有効な場合、パスワードは次の最小要件を満たす必要があります。

・ユーザーのアカウント名またはフル ネームに含まれる3文字以上連続する文字列を使用しない。
・長さは6文字以上にする。
・次の4つのカテゴリのうち3つから文字を使う。
  英大文字 (A から Z)
  英小文字 (a から z)
  10 進数の数字 (0 から 9)
  アルファベット以外の文字 (!、$、#、% など)
複雑さの要件は、パスワードの変更時または作成時に強制的に適用されます。

そんな複雑なパスワードじゃなくてもいいようにしたい場合は
次の方法で、どうぞ。


Chromeでは2GB以上のデータがダウンロードできない?

会社のPCに入っているChromeから
4GB以上のISOファイルをダウンロードしようと思ったんだけど、
なかなかダウンロードがうまくいかない。
※帯域が狭いから途中で中止になったりと。

何度も何度も試しても途中で止まってしまう。
強いてはどんなに大きくても2GBちょうどで止まってしまう。
これは何かあるなと思い、ちょこっと調べてみたら
あっさりと見つかりますた。
Chromeでは2G以上のファイルをダウンロードできないことがある!? : 黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition


2014年の記事なのでそれほど最新ではないんだけど、
今でも事象は発生している。

ちなみにIE11でダウンロードしたら問題なくできましたwwwwwwww


WindowsのChromeだとダウンロードできなかったけど、
家のMacだとどうなるんだろう・・・?
前にRHELのISOをダウンロードした時は普通にダウンロードできたので、
問題ないのかなぁ?

よーわからんw




Google日本語入力でIMEの切替を変換・無変換キーに割り当て

日本語配列のキーボードをお使いの人なら知っているはずの、
スペースキーの左右にある「変換」「無変換」の使い道ってあまり無くない?

日本語入力しているときはそれなりに使い道があるんだろうけど、
長年パソコンを使っている俺としてはほとんど押さないキーの筆頭だわw
今回、Happy Hacking Keyboardを買ったこともあり、
半角/全角キーの位置が左Altキーの横に移動したので、
すげーめんどくさいw

なので、変換・無変換キーをIMEのON/OFFに割り当ててやろうというお話。
俺はIMEをGoogle日本語入力にしているので、Google日本語入力での設定方法を記載。
MS-IMEも同様にできるんじゃねーかな。

以下のような動きになればOK。
・「変換」キー = IME ON
・「無変換」キー = IME OFF


ちょっと高級なキーボード「PFU Happy Hacking Keyboard Lite 2」を買ったった

会社用にキーボードを買った。

ノートPCに標準で付いているペラッペラのカチャカチャキーボードでもいいんだけど、
PCが変わるたびにキー配列が微妙に変わったりするので
できれば外付けのキーボードを買って
どんな時でも常に同じキーボードを使いたいと思っていたのね。

この前にマウスはLogicoolのMX Anywhere 2を買った。
次はキーボードじゃね!?
と思い、どんなキーボードがいいのかいろいろ悩んでますた。
所謂高級キーボードってやつ。

どうせ使うなら安物よりもちゃんとしたものを買おうと。

上を見たらキリが無いんだけど、
そこそこ高くもなく、割と使いやすい代物をというコンセプトで
「Happy Hacking Keyboard Lite 2」に出会いますた。
メーカーサイト


Orcaを使ってWindows版iTunesのインストールオプションを変更

複数台のPCにまとめてiTunesをインストールするときにのやり方を先日書いた。
⇒参考:Windows版iTunesをサイレントインストールする

その時にちょっと一手間を加える事で
インストール時のオプションも変更することが可能となる。

例えば、iTunesの更新版を確認する機能をOFFにしたり、
初回起動時の同意画面をスキップするなど・・・。
詳しいやり方は公式サイト(http://help.apple.com/iosdeployment/itunes/mac/1.2/#app3cc9f31f)に載っているんだけど、
具体的な手順までは載っていないので試してみた。

注意!
Apple社に問い合わせたところ、
上記公式サイトの手法はあくまで未サポートなんだって。


Windows版iTunesをサイレントインストールする

コレめちゃめちゃハマったので備忘録として残しとく。
PC1台にiTunesをインストールするなら
普通にインストーラを叩いて終わり。

なんだけど、管理者権限を持たないユーザが使用しているPCにはどうやってインストールするか?
複数台のPCにまとめてインストールしたいときにはどうするか?

バッチファイルで一括でインストールできるように
「サイレントインストール」するやり方があるのよね。
Adobe ReaderやFlash PlayerやOfficeにもサイレントインストールの手順がある。
ちょっと複数台のPCにiTunesをまとめてインストールする機会があったので
iTunesをサイレントインストールするやり方をご紹介。




AWSで作成した英語版Windowsを日本語化

最近、仕事が忙しいwwwwwwwww
ブログは書く隙がないぐらい忙しい・・・。

早いとこ溜まってる記事を書かないと・・・。

ってことで、AWSネタの番外編。
AWSでWindowsのEC2を作成すると、
東京リージョンであっても言語は英語版である。
でもご安心あれ。
問題なく日本語化にできるお。


Macでリモートデスクトップを使う

目下AWSを勉強中w
今回はAWSとは関係ないんだけど、
MacからWindowsにリモートアクセスする機会ってあると思うの。
Windowsにリモート接続する場合はリモートデスクトップがメジャーなんだけど、
当然ながらMac版リモートデスクトップも有りマス。



EC2で作成したWindowsマシンのログイン方法

AWSのセキュリティは意外としっかりしている。
「クラウドはセキュリティが不安」とか言っちゃってる行き遅れ老害はさっさとシネバイイノニ。
言っとくけど、テメーんとこオンボロサーバよりかはAWSのほうがセキュリティは強力なんでwwwwwwwwww

さて、前回でAWS上にWindowsを立てることができた。
次は立てたサーバにログインする必要があるよね。

EC2に初めてログインする際、
Linuxの場合は作成したキーパス(秘密鍵)でsshログインのみ。
ではWindowsの場合はどうするか?

次の手順でAdministratorのパスワードを取得する。


AWSでEC2を作成(Windows編)

AWS関連の記事が溜まりに溜まってヤバイwwwwwwww
早くシコシコがんばって記事を書かないと・・・。

AWSマジ便利。
サーバを使いたいと思ったら、
約5分程度でOSまでインストールされている。
いちいち仮想マシン作ってOSインストールしてっていう流れは
まさしく時代遅れ。

今回は基本中の基本。
AWSの仮想サーバ(EC2)の作成方法。