ラベル Linux の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Linux の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

Visual Studio Codeを自分流にカスタマイズ

もう5月です。
新年度を1ヵ月経過したよ!
でも仕事がちっとも忙しくならないよ!

前回に引き続き、
Visual Studio Codeネタ。

俺はプログラマーではないので、
あくまで非常に便利なテキストエディタとして使っている。
なんだけど、オリジナルが海外製なので、
日本語環境でガッツリ使うためにはちょっと一手間が必要だったり、
いろいろとテキストエディタとして使うための便利な設定を都度やる必要がある。

今回は、俺が個人的に設定している内容を紹介。
真似するほどでもないけど、
備忘録として残しておき、参考にしてもらえると嬉しいなw


テキストエディタとして「Visual Studio Code」を使ってみる

テキストエディタは何使ってますか?
メモ帳?
サク◯エディタ?
秀◯?

俺は◯丸を永年フリーソフトとして利用していたんだけど、
あいにくWindows版しかなくて、
MacだとCo◯Editor、
LinuxだとViと、
OSによってエディタを使い分けてた。

そもそも秀◯に金払えって感じなんですが、
どのようなOSでも共通で動いて、
しかもフリーで、
軽量で使いやすそうなエディタ「Visual Studio Code」を見つけた。

しかも安心(?)のMicrosoft製。
Visual StudioをIDEとして利用していたプログラマーさんたちは
とっつきやすいんじゃないかな。

ちなみに俺はプログラマーではないので、
「ただのテキストエディタ」として使うつもり。

まぁ、◯丸のようなマクロ機能は無いものの、
マクロがないと、業務が捗らなくて死にそう・・・というわけではないので 別にマクロが無くてもいいかなw

インターネットで色々と調べてみても結構評判も上々で、
なかなか使い勝手が良さそう。
あとは日本語環境特有の文字コードが難有りなんだが、
デフォルトでShift JISを使うようにすれば問題ないかな。

ちなみに見た目はこんな感じ↓。
配色テーマもある程度カスタマイズできるんだけど、
なかなかこれと言った物が決まらない感じw
image

その他、個人的にカスタマイズした内容等については別記事で書くかも。

AWSでWordPressを構築(AMI編)

以前にAWSでWordPressをイチから構築した。
 ・AWSでWordPressを構築(EC2+RDS編)

今回は別の方法で構築してみる。
というか、こっちのほうが超お手軽。
テストサイト程度ならAMIのほうが楽ちん。

やり方はキチンとAWSのサイトに載ってます。
https://aws.amazon.com/jp/getting-started/tutorials/launch-a-wordpress-website/

普通にEC2インスタンスを作成するときに、
イメージを選択するところで
AWS Marketplaceから検索してきたものを選択するだけ。
wordpress5

後はインスタンスを起動して、
/var/log/boot.logに初期パスワードが書かれているので、パスワードをメモって、
ログインすればオシマイ。

既にWordPressに必要な環境が構築されているってのは非常に大きいね。
この辺がAWSの強みだよなぁ。


AWSでWordPressを構築(EC2+RDS編)

AWSネタ放置してますたwwwwwwwwwww
と言うより、また仕事がアホみたいに忙しくなってるので
ブログに割く時間が無い。

そろそろこのブログにも飽きてきたので、
一念発起して別のブログを立ち上げようかなーと。
で、せっかくブログをやるなWordpressでやろうと。
Wordpressの勉強も兼ねて、
AWSでWordPressを作りますよー。

構築方法は主に以下の2通り。
・LinuxのEC2から手動でインストール
・WordPressがインストール済みのAMIを使う

後者は既にWordPressが構築済みなのでAMIからEC2を起動すればすぐ使える。
それだとつまらんので、
今回は前者の手動で作るよー。


Mac上にRedHat Enterprise Linuxをインストール その3

今回が最終回。
過去の記事は↓から。
・概要編
・その1
・その2

前回でRHELのインストールを完了したので、
そのままでも問題なく使える。
今回は快適に使うための設定。


Mac上にRedHat Enterprise Linuxをインストール その2

タイトルの続き。

過去の記事は↓から。
・概要編
・その1

前回ではParallelsでの仮想マシンを作るとこまででした。
次はRHELのISOから仮想マシンを起動しよう。


Mac上にRedHat Enterprise Linuxをインストール その1

えー、前回から約1週間ぶりの更新です。
家族全員がヒトメタニューモウイルスというウイルス性の風邪に感染してしまいまして、
ブログ更新している暇じゃないというのが実情です。
今でも咳がひどく、何を食べても味がしないという悲惨な状態。
ウイルス性の風邪の症状なので、薬が効かない。
水分をしっかり摂って安静にするしか対処法が無いという
かなりキツイ状況でーす。

それはさておき、Mac上でRedHat Enterprise Linux(以下、RHEL)の無償版をインストールした時の内容を
画像を交えてご紹介。


商用Linuxの決定版「Red Had Enterprise Linux」の無償版がデタ(概要編)

そもそも無償版っていう言い方が変かなw
本来なら有料のサブスクリプションが開発者向けに無料のサブスクリプションが追加されたよーって話。
今年の3/31にリリースされた内容なので、
ものすごく今更な話なんだけど
自宅のMacに仮想的にRed Hat Enterprise Linux(以下、RHEL)をインストールしてみたので
その時のメモとして残します。

今回は画像がものすごく多いので複数回に分けて書きますわね。