ラベル AWS の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル AWS の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

三菱UFJが社内システムをAWS上で構築するんだってな

ソース。
三菱UFJ、システムをクラウド化 大手行で初  :日本経済新聞


AWSで金融業の事例だと確かソニー銀行が使っていたはず。

社内システムと書いてるので、
勘定系ではなく情報系のシステムだと思うんだけど、
金融業ならではのルールや制約がかなり厳しい実情もあり、
それほど厳しいチェック項目をAWSではクリアしているというのも、
やはり天下のAWSだなぁと思う。

MUFGはIBMがシステムを開発していたと思うので、
クラウドにするならIBMのSoftLayer※にするのかなぁと思っていたんだけど、
やっぱりIBMでもAWSに勝てなかったのか・・・。

※2016年10月でSoftLayerはBluemixってのに変わってるねw


これにより、他のメガバンクはどうすんのか気になるところ。
SMBCも追従すんのかな?
みずほはクラウド化自体無理そうwwwwwwwwww


どんどん日本に浸透していくAWSの波。

ウチはようやく仮想化基盤を自前で社内に作ろうとしているので、
一回りも二回りも遅れていますwwwwwwwwwww
パブリッククラウドに対するアレルギーが経営層にはあるので
クラウド化はまだまだ夢のまた夢・・・。


AWSアカウントを取得したら初めにやっておくこと

AWSのアカウントを普通に取得したら、
IDとパスワードだけでログインできる。
ってことは、IDとパスワードが他人に知られたら
場合によっちゃ、グレードの高いインスタンスを大量に作られて
請求が大変なことになってしまう恐れも。

そうならないためにも
IDとパスワードを絶対に漏洩してはならない。
ちょっとの手間でさらにセキュリティレベルを強化できるので
最低限これらのことだけはやっておこう。

ちなみにやり方はAWSのベストプラクティスに準じてます。

クラウドはセキュリティーガーとか言っちゃてるバカはもう流石にいないと思うんだけど、
アカウントの管理は事業者責任ではなく利用者責任なので、
自分自身でしっかりと管理しよう。

サーバー等のセキュリティについては二の次でも構わないw


AWSでWordPressを構築(AMI編)

以前にAWSでWordPressをイチから構築した。
 ・AWSでWordPressを構築(EC2+RDS編)

今回は別の方法で構築してみる。
というか、こっちのほうが超お手軽。
テストサイト程度ならAMIのほうが楽ちん。

やり方はキチンとAWSのサイトに載ってます。
https://aws.amazon.com/jp/getting-started/tutorials/launch-a-wordpress-website/

普通にEC2インスタンスを作成するときに、
イメージを選択するところで
AWS Marketplaceから検索してきたものを選択するだけ。
wordpress5

後はインスタンスを起動して、
/var/log/boot.logに初期パスワードが書かれているので、パスワードをメモって、
ログインすればオシマイ。

既にWordPressに必要な環境が構築されているってのは非常に大きいね。
この辺がAWSの強みだよなぁ。


EC2に固定IP(Elastic IP)を割り振る

またまたAWSについてのお話。
AWSってパブリック上にサーバがあるのね。
当然、外からEC2にアクセスする場合にはグローバルIPにアクセスする必要がある。

デフォルトではグローバルIPは変動する可能性がある。
ホスト名でアクセスすればいいんだろうけど、
DNSを外部で管理する場合は固定IPにしておかないと具合が悪い。

DDNSを使えばいいじゃんと言う話もあるが、
固定IPは無料でできるんだし、設定も簡単だから
AWSなら素直に固定IPを使っておこう。


AWSでWordPressを構築(EC2+RDS編)

AWSネタ放置してますたwwwwwwwwwww
と言うより、また仕事がアホみたいに忙しくなってるので
ブログに割く時間が無い。

そろそろこのブログにも飽きてきたので、
一念発起して別のブログを立ち上げようかなーと。
で、せっかくブログをやるなWordpressでやろうと。
Wordpressの勉強も兼ねて、
AWSでWordPressを作りますよー。

構築方法は主に以下の2通り。
・LinuxのEC2から手動でインストール
・WordPressがインストール済みのAMIを使う

後者は既にWordPressが構築済みなのでAMIからEC2を起動すればすぐ使える。
それだとつまらんので、
今回は前者の手動で作るよー。


AWSで作成した英語版Windowsを日本語化

最近、仕事が忙しいwwwwwwwww
ブログは書く隙がないぐらい忙しい・・・。

早いとこ溜まってる記事を書かないと・・・。

ってことで、AWSネタの番外編。
AWSでWindowsのEC2を作成すると、
東京リージョンであっても言語は英語版である。
でもご安心あれ。
問題なく日本語化にできるお。


EC2で作成したWindowsマシンのログイン方法

AWSのセキュリティは意外としっかりしている。
「クラウドはセキュリティが不安」とか言っちゃってる行き遅れ老害はさっさとシネバイイノニ。
言っとくけど、テメーんとこオンボロサーバよりかはAWSのほうがセキュリティは強力なんでwwwwwwwwww

さて、前回でAWS上にWindowsを立てることができた。
次は立てたサーバにログインする必要があるよね。

EC2に初めてログインする際、
Linuxの場合は作成したキーパス(秘密鍵)でsshログインのみ。
ではWindowsの場合はどうするか?

次の手順でAdministratorのパスワードを取得する。


AWSでEC2を作成(Windows編)

AWS関連の記事が溜まりに溜まってヤバイwwwwwwww
早くシコシコがんばって記事を書かないと・・・。

AWSマジ便利。
サーバを使いたいと思ったら、
約5分程度でOSまでインストールされている。
いちいち仮想マシン作ってOSインストールしてっていう流れは
まさしく時代遅れ。

今回は基本中の基本。
AWSの仮想サーバ(EC2)の作成方法。

AWSで課金されたらメール通知するよう設定する

AWSでアカウントを作ると1年間は無料で一部サービスが使える。
そのため気軽にお試しができるのね。

今思うとクラウドを使わないという選択肢はほとんど無いわけで、
このご時世でAWSぐらいは触っておかないとIT業界ではやっていけないような気がするわ。
それくらいAWSってスゲーよ。
まさにクラウドの標準になりつつあるもん。

MSのAzureも追従しているけど、
AWSには敵わんだろ。
vCloudAirもお先真っ暗だし、IBMのSoftLayerも意味わからんし。
国内のクラウドサービスも柔軟性がなさすぎて使いもんにならん。

それはさておき、
先日にAWSでアカウントを登録した。
これで気兼ねなくAWSをゴリゴリいじれるんだけど
無料利用枠を超える(下りのNW帯域が1GBを超えたり、ディスクの使用量が規定を超える)と
当然のごとく課金されちゃうのね。
なので、コスト管理はきっちり意識しておかないと。

少しでも課金されたらメールで通知されるよう設定する。


AWSの無料お試しを申し込み

前回書いた通り、別のブログをWordPressで作ってみようかと。
その前に勉強がてら、AWSを無料お試しをやってみる。

低スペックならWindowsだろうがLinuxだろうが
750時間(1ヶ月)も使い放題。
本当に勉強だけなら十分だろ。

まずはコチラから申し込み。

クレジットカードの登録と、
携帯電話での本人確認が無事に完了。
あっさりと登録が終わった!
簡単すぎワロタwwwwwwww


次は仮想サーバーであるEC2を作るよー。
お楽しみ。


別のWebサイトを作ろうと色々検討中

全然関係無い話ですが、今年のGW前半は3日間ともウイルスで寝込んでましたwwwwwwwwwww
熱はなかったんだけど、頭痛が24H365Dのペースで常時しており、
じっとしているだけでズキズキズキズキする状態。
さらに咳き込むとその振動で更に頭に響くという凄惨な状態。
流石に家族からも親族からもひどく心配されますたw

とりあえず今日(5/2)はなんとか8割がたまで復帰。
ブログも徐々に復帰しようかなと。


さて、話が逸れたけど本題。
ある程度特定のテーマを共通としたコンテンツ(ネタ)が溢れてきたので、
ここらで一念発起。
このブログとは別でサイトを作ろうかなーと。

当然ながらHTML/CSSの知識は皆無。
1年以上もこのブログを更新しているにもかかわらずこの体たらくwwwww


なので、次のサイトもブログ形式でコンテンツ更新ができるWordPressで。
サーバーはどうしようか真剣に悩み中。

今回は無料サーバー(というか無料でWordPressが使えるとこが殆ど無い)ではなくて
有料のホスティングかVPSにしようかと。
独自ドメインも取っちゃいそうwwwwwww

このブログの収益で2万程度はヘソクリができた(投資信託とは別のヤツ)ので、
それを原資にして本格的なWebサイト構築/運営をやろうかなーと。
PS4は諦めたw
やる時間ねーわ。

と言ってもいきなり有料サーバを借りて
無駄に月額費用を支払うよりかは
キッチリと勉強したうえでちゃんと構築しようかなw

というわけで、WordPressをAWS上に構築してみたいと思う。
AWSだとLinuxサーバが1年間無料で利用できるし、
WordPressの勉強もできるし、
仕事でもAWSを使うかもしれないので
まさに一石二鳥じゃん。

勉強するには↓のような本を買ってもいいと思うが、
買ったら読まない気がするので
今回はスルーしまーすwwwwwwwwwww

AWS上にWordPressを構築する話はこのブログで書くね。