DTIからデータ通信使い放題で¥2,200のプランが出たー

俺自身、過去にMVNOを使っていたんだけど、
やっぱり2台持ちがスゲーめんどくさかったので、 今はiPhone6Sを通常料金で支払ってます。

通信料金を少しでも低く抑えたい!という人は
MVNOがオススメ。

でもデメリットがやっぱりあるので、
MVNOのメリット・デメリットをきちんと把握した上で
活用すればいいと思う。
そのデメリットの一つである通信制限が無いプランが
DTIから出た。
詳しくは↓を参照。
http://ascii.jp/elem/000/001/169/1169510/

「月10GBも使う人はもう無制限にするよー」という太っ腹ぶり。
ただしデメリットも。
「使い過ぎたら200kbpsに速度落とすからな!」と
ヘビーユーザー向けの牽制。

インターネットのプロバイダとしても古くからあるDTI。

データ通信制限が通常のキャリア(7GB)よりも低いために
利用料金を比較的低価格で提供されているMVNO。
この画期的なプランを安いと取るか、高いと取るかは利用者次第。
興味ある人は是非↓へ!!




AWSで作成した英語版Windowsを日本語化

最近、仕事が忙しいwwwwwwwww
ブログは書く隙がないぐらい忙しい・・・。

早いとこ溜まってる記事を書かないと・・・。

ってことで、AWSネタの番外編。
AWSでWindowsのEC2を作成すると、
東京リージョンであっても言語は英語版である。
でもご安心あれ。
問題なく日本語化にできるお。


Macでリモートデスクトップを使う

目下AWSを勉強中w
今回はAWSとは関係ないんだけど、
MacからWindowsにリモートアクセスする機会ってあると思うの。
Windowsにリモート接続する場合はリモートデスクトップがメジャーなんだけど、
当然ながらMac版リモートデスクトップも有りマス。



EC2で作成したWindowsマシンのログイン方法

AWSのセキュリティは意外としっかりしている。
「クラウドはセキュリティが不安」とか言っちゃってる行き遅れ老害はさっさとシネバイイノニ。
言っとくけど、テメーんとこオンボロサーバよりかはAWSのほうがセキュリティは強力なんでwwwwwwwwww

さて、前回でAWS上にWindowsを立てることができた。
次は立てたサーバにログインする必要があるよね。

EC2に初めてログインする際、
Linuxの場合は作成したキーパス(秘密鍵)でsshログインのみ。
ではWindowsの場合はどうするか?

次の手順でAdministratorのパスワードを取得する。


Google Adsenseの非同期広告コードをBloggerに貼り付けるときにハマった

久しぶりにGoogle Adsenseの管理画面にアクセスしてみると、
スマホ向け画面にページ単位で広告を表示させることができるようになったとのこと。

さっそく設定してみる。
やり方はすごく簡単で、<head>タグに以下のようなコードを埋め込むだけ。
image

このコードをコピーして、
Bloggerのテンプレート編集画面から埋め込もうとすると、
以下のエラー画面が表示された。
XML の解析中にエラーが発生しました。行 614、列 19: Attribute name "async" associated with an element type "script" must be followed by the ' = ' character.

ナンノコッチャ??
HTMLなんかチンプンカンプンな俺にとっては未知のエラー。
いろいろコードをいじったりしてもエラーが解消されず。
asyncを除去するとエラーが消えるけど、
それだと非同期にならないので根本的な解決策ではない。

それを見事に解決する策が先輩ブログに既に記載されていた。
クリボウの Blogger Tips: 2013-08

要するに、
コードの「async」の部分を「async='async'」に置換すれば良いだけ。

レイアウト画面のガジェットのところでHTMLコードを直接記述する場合にはAdsenseのコードをそのままコピペで問題ないんだけど、
テンプレートのHTMLソースを編集する際には上記のasyncを置換する必要があるのでご注意。


このブログの読者でBloggerを使ってる人なんかほとんどいないので、
どーでもいい内容の話でしたwwwwwwwwwwwwwwwwww


AWSでEC2を作成(Windows編)

AWS関連の記事が溜まりに溜まってヤバイwwwwwwww
早くシコシコがんばって記事を書かないと・・・。

AWSマジ便利。
サーバを使いたいと思ったら、
約5分程度でOSまでインストールされている。
いちいち仮想マシン作ってOSインストールしてっていう流れは
まさしく時代遅れ。

今回は基本中の基本。
AWSの仮想サーバ(EC2)の作成方法。

投資信託の残高紹介(2016/5/16時点)

月日の移り変わりは早いもので。

過去の記事はコチラ。
【2015年】
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

【2016年】
1月
2月
3月
4月



AWSで課金されたらメール通知するよう設定する

AWSでアカウントを作ると1年間は無料で一部サービスが使える。
そのため気軽にお試しができるのね。

今思うとクラウドを使わないという選択肢はほとんど無いわけで、
このご時世でAWSぐらいは触っておかないとIT業界ではやっていけないような気がするわ。
それくらいAWSってスゲーよ。
まさにクラウドの標準になりつつあるもん。

MSのAzureも追従しているけど、
AWSには敵わんだろ。
vCloudAirもお先真っ暗だし、IBMのSoftLayerも意味わからんし。
国内のクラウドサービスも柔軟性がなさすぎて使いもんにならん。

それはさておき、
先日にAWSでアカウントを登録した。
これで気兼ねなくAWSをゴリゴリいじれるんだけど
無料利用枠を超える(下りのNW帯域が1GBを超えたり、ディスクの使用量が規定を超える)と
当然のごとく課金されちゃうのね。
なので、コスト管理はきっちり意識しておかないと。

少しでも課金されたらメールで通知されるよう設定する。


Mac上にRedHat Enterprise Linuxをインストール その3

今回が最終回。
過去の記事は↓から。
・概要編
・その1
・その2

前回でRHELのインストールを完了したので、
そのままでも問題なく使える。
今回は快適に使うための設定。


今年もトミカ博に行ってきた

去年に引き続き、今年もトミカ博へ行ってきた!

前回行った時に子どもが大はしゃぎだったようで、
今年もATCへ行ってきた。
ただし、去年は平日に行ったので人もそこそこ少なかったけど、
今年は5/4に行ったので休日ど真ん中。
去年以上に混雑するだろうなあと思い、
楽しむアトラクションを絞り込むことに。

前回に一通りやったので、
今回はほとんど絞り込んだ。
俺と息子だけ会場に行き、嫁さんと娘は家でお留守番。



Mac上にRedHat Enterprise Linuxをインストール その2

タイトルの続き。

過去の記事は↓から。
・概要編
・その1

前回ではParallelsでの仮想マシンを作るとこまででした。
次はRHELのISOから仮想マシンを起動しよう。


AWSの無料お試しを申し込み

前回書いた通り、別のブログをWordPressで作ってみようかと。
その前に勉強がてら、AWSを無料お試しをやってみる。

低スペックならWindowsだろうがLinuxだろうが
750時間(1ヶ月)も使い放題。
本当に勉強だけなら十分だろ。

まずはコチラから申し込み。

クレジットカードの登録と、
携帯電話での本人確認が無事に完了。
あっさりと登録が終わった!
簡単すぎワロタwwwwwwww


次は仮想サーバーであるEC2を作るよー。
お楽しみ。


別のWebサイトを作ろうと色々検討中

全然関係無い話ですが、今年のGW前半は3日間ともウイルスで寝込んでましたwwwwwwwwwww
熱はなかったんだけど、頭痛が24H365Dのペースで常時しており、
じっとしているだけでズキズキズキズキする状態。
さらに咳き込むとその振動で更に頭に響くという凄惨な状態。
流石に家族からも親族からもひどく心配されますたw

とりあえず今日(5/2)はなんとか8割がたまで復帰。
ブログも徐々に復帰しようかなと。


さて、話が逸れたけど本題。
ある程度特定のテーマを共通としたコンテンツ(ネタ)が溢れてきたので、
ここらで一念発起。
このブログとは別でサイトを作ろうかなーと。

当然ながらHTML/CSSの知識は皆無。
1年以上もこのブログを更新しているにもかかわらずこの体たらくwwwww


なので、次のサイトもブログ形式でコンテンツ更新ができるWordPressで。
サーバーはどうしようか真剣に悩み中。

今回は無料サーバー(というか無料でWordPressが使えるとこが殆ど無い)ではなくて
有料のホスティングかVPSにしようかと。
独自ドメインも取っちゃいそうwwwwwww

このブログの収益で2万程度はヘソクリができた(投資信託とは別のヤツ)ので、
それを原資にして本格的なWebサイト構築/運営をやろうかなーと。
PS4は諦めたw
やる時間ねーわ。

と言ってもいきなり有料サーバを借りて
無駄に月額費用を支払うよりかは
キッチリと勉強したうえでちゃんと構築しようかなw

というわけで、WordPressをAWS上に構築してみたいと思う。
AWSだとLinuxサーバが1年間無料で利用できるし、
WordPressの勉強もできるし、
仕事でもAWSを使うかもしれないので
まさに一石二鳥じゃん。

勉強するには↓のような本を買ってもいいと思うが、
買ったら読まない気がするので
今回はスルーしまーすwwwwwwwwwww

AWS上にWordPressを構築する話はこのブログで書くね。