WindowsでBashが使えるようになるぞーーーーーー

やっとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
初めて社会人になってから
UNIX(HP-UX)をゴリゴリ触っていたので
シェルスクリプトのありがたさは身にしみている。

「Windowsはシェルが使えないからクソ」とか言う声もこれで駆逐されるわけだ・・・。

詳細はコチラから。
他にもIT系ニュースサイトでも報じられていると思うけど。

これの何が凄いって、
コマンド上でループ文で一括処理が可能
 (コマンドプロンプトでもある程度はできていたがより簡単に可能)
・UNIX/Linux系で動かしていたシェルスクリプト(Bash)がWindowsでほぼそのまま動く

・ツール不要でsshが使える
 (teratermが不要に!?あ、シリアル接続でいるかw)
などなど。

Windows10の次期アップデートで対応可能となるそうな。
ってことはWindows Serverの次期バージョンもBashが使えるようになるはず。

とうとうWindowsしか使えない人もシェルスクリプトを勉強する時代が来たかー。
俺はもともとUnixもWindowsも何でもOKな人間なので
久々にシェルスクリプトが作れると思うと胸がドキドキするねーw


ANAシステム障害の原因判明

公式HPでも書いてあるが、
こっちのほうがわかりやすいw

原因は「Ciscoスイッチの世界初のバグでしたー。ゴメンチャイ」というものですた。

以前に俺が書いた記事が如何にいい加減だったかwwwwwwwwwwww
サーバは一切関係ありませんでしたーwwwwwwwwwwwwwwwww


特に新しい機種でもなく2010年6月販売開始の製品なのにで、
6年間同様のバグが見つからなくて
ANAの旅客システムという超重要な基幹システムが初めてのバグとか
本当に運が悪いというかなんというか・・・。

操作ミスで被害が拡大したんじゃなくてヨカッター。
というか、機器のバグのせいにできてヨカッタんじゃね?w
損害賠償云々とか後味悪すぎる結果にならないし。

こういう機器のバグって障害テストをした時に検知できなかったのかなー?とは思うけど、
障害テストの障害って擬似的というか意図的に発生させるものなので、
本来の障害とは異なるものなんだよねー。
テストの時に機器を本当にぶっ壊すわけにもいかないしw
電源ケーブルを抜くとか、LANケーブルを抜くとかぐらいしかできない。

だから「未然に検知できなかったのか?」と言われると 「無理じゃボケ」と答えるしかないw
そんな本音を言っちゃうとアレなので、
「機器を本当に故障させることは難しいので擬似的に障害を発生させました」
というのが模範的な回答。

絶対に止まらないシステムを作ることは不可能なので、
(稼働率100%を謳っているSaaSとかIaaSとかないでしょ)
システムはいきなり止まるものということを見越した上で
障害時にどれだけシステムを素早く復旧させるか、止まりにくくするか(=可用性)を
考えるのが非常に重要、
なんだけど、やっぱりどんだけ高可用な構成にしたとしても
機器のバグにやられたらなんか虚しいものがあるよねw

人の操作ミスとか、設計のミスとかだと
誰かのせいになるのでちょっと嫌なんだけど、
機器のバグのせいにすると誰も責任を取らなくて済むから
メーカーやベンダーは機器のバグにしたがる。
(今回のようなケースはトップが責任を取っているけどw)

「システムはいつかは止まる」ということを世間一般に知らしめたであろう?
非常に興味あるニュースだったなぁ、と。


我が家にケーブルテレビがやってきたので、インターネット環境見直しを検討

我が家はマンションです。
インターネット環境もフレッツ光のマンションタイプ。

最近、マンションでもケーブルテレビが対応している物件とか増えてきているよね。
J-COMとかJ-COMとかJ-COMとか。

ついに俺が住んでいるマンションにも
ケーブルテレビが導入することが管理組合で決定した。
で、先日に業者がやってきて
TV端子の取替工事をやった。
その時に色々とお話を聞いたので、
インターネット等含めて適当に検討してみた。

ちなみにケーブルテレビは超マイナーな「KCN」です。

フレッツ光の月額料金
前にも見直したことあるけど、
2016年3月時点での料金を公開。

・光ネクストマンションタイプ隼 :2,900
・光もっともっと割 :▲620
・光ポータブルLTE :300
・ひかり電話 :500
・無線LANカードレンタル :100
・ユニバーサルサービス料 :2
・消費税 :254
(合計金額) :3,436

これにプロバイダWAKWAKの月額648円を加算すると
月額4,084円となる。

光ポータブルは既に使っていないので寝かせ。


KCNインターネットの月額料金
公式HPより参照。
電話はもちろん有り。

・Kブロードマンション320とく割 :3,800
・ケーブルプラス電話 :100
・消費税 :312
(合計金額) :4,212

うん、値上がりするじゃんwwwwwwwwwwwwwwwww
しかも1Gbpsのベストエフォートから320Mbpsのベストエフォートへダウン。

ケーブルテレビを使うメリットなーし。


まとめ
うちの今のネット環境が異常に安すぎるので
フレッツ光のコラボ等、あらゆるネットに乗り換えたとしても割高になる。
ケーブルテレビもauも然り。

しかも他社に乗り換えた時点で電話番号が変わるので
できることなら変えたくないのが心情。

これ以上安くするにはプロバイダをもっと安いやつ(月額500円のアレ)に変えることぐらいしかないけど、
今の回線速度に不満がないから無理して乗り換えてWAKWAKよりもひどくなったとか嫌だからなぁ~。
プロバイダの縛り期間(2年)はとっくに経過しているので
いつでも乗り換えれる状態。

ほとんど乗り気じゃないけどプロバイダ乗換を検討してみようかねえ。


MCP試験70−417を受けてきた

約1ヶ月、なかなか勉強する時間が割けない中で
思い切って試験を受けてきた!

すでに俺はMCSEのWindows2003を持っていたので、
アップグレード試験である「70−417」さえ受ければ
晴れてMCSAに認定されるわけだ。

ダラダラ勉強しててもしんどいだけなので、
思い切って試験を予約。
受験料19,000円+消費税をクレジットカードでお支払い。
これで落ちたら受験料をドブに捨てることになるから
ベンダー系の資格試験はほんとハイリスクだよなぁ。

テストセンターへ赴き、指定の手続きを。
本人確認書類を2点(免許証とか写真付きの証明書と、保険証など)を提示。
あとは書類にサインして顔写真を撮影。
荷物を全てロッカーに突っ込んで
PCへ。

いざ試験!
417の試験時間は150分。
問題数は70-410の範囲から20問→70-412から20問→70-411から21問と
全部で3セクションに分かれている。
各セクション間の問題の行き来は不可。
それぞれのセクションで700点以上取らないと合格できない。

で、試験の結果ですが・・・。
410:850点
412:700点
411:737点

無事合格(・∀・)!!

412のスコアがギリギリだったけど、
合格は合格だーーーーー。
一問でも間違ってたらやばかったな・・・。

これで無事にMCSA2012を取得できた。
名刺にもロゴが載っけられるぞーーーーー。

次はやっぱり「MCSE」のServer Infrastructureかなぁ・・・?
2つの試験に合格しないといけないし、
3年毎に更新しないといけないのか・・・。
めんどくせえwwwwww

もしくはWindowsクライアントのMCSAを取ろうかな・・・。
とりあえずは試験勉強につかれたので、
しばらくお休み〜。
春の情報処理試験も華麗にスルー。


ANAのシステム障害で思うこと

先日、ANAのシステム障害で大規模に損害をもたらした

IT業界で働いていると誰もが経験するシステム障害。
ただの機械的な故障なら大したことなく、
何かの人為的なミスでデータが全部ロストしたとかやらかすと
まさに生きた心地しないw

今回のANAのパターンも人為的なミスか?と思ったが、
どうやら違うっぽいね。


以下、俺の個人的な想像。
どこかのサイトでちら見した程度なんだけど、
基幹サーバは全部で4台。
機種はNX7700iらしいということなので、OSはUNIX(HP-UX)だろうな。
そしてメーカーは当然の◯◯◯だ。
DBはOracleを使っているようなので、
高可用にするためにRACにしているはず。

つまりはサーバ4台でOracleRAC構成だったというわけだ。

サーバ1台がダウンしたことにより、
障害復旧させるために停止したサーバをクラスタから切り離そうとして
何かしらの要因があったかわからんが
クラスタからノード(サーバ)が次々とダウンしていった感じかな?

上のITmediaのサイトによると原因は同期による問題か?とか言われているけど、
現時点で考えられる原因は3つのどれかだと予想。
 1.OracleRACの構成がオカシイ
 2.共有ディスク(ストレージ)の設定が間違っていた
 3.そもそも操作したオペレータ?SE?のレベルが低すぎた
1.2.については受注したメーカーのSEスキルがショボい話だし、
受け入れた発注側もショボい話。
3.も同じか。

そもそもOracleRACやHP-UXとかほぼ専門的な知識が必須だろうに。
管理がロクにできもせずにそんな高価なOSやDBを使っても
それを使いこなす人間のスキルが低過ぎたら意味ねーわな。

セキュリティ対策とかも一緒で、
どんだけ堅牢なセキュリティシステムを作り上げても
それを管理・利用する人がシステムに疎かったら意味なし。
ちょっと古いけど「ファイヤーウォール」っていう映画がまさにその典型例。


いやー、こういうニュースを見ると
うちの会社で起こっている障害とかが本当にショボく見えるわーwww
OracleRACとかHP-UXとか全然使ってねーもん。
クラスタすら使ってない。
サーバは全てWindows一択。
流石にそれもどうかなと思うけどね・・・。


MCP試験が予約できない

先日からWindowsのIT資格「MCP」を目下勉強中!
勉強方法は、
 1.赤本を読む
  ↓
 2.わからんところを実機やMSのサイトで調べたり
  ↓
 3.予想問題をひたすら解く
の繰り返し。

70-417の試験範囲が尋常じゃないくらい広すぎる(1つの試験で3つ分をまとめて受ける感じ)ので、
マジでやばいwwwwwwwwwwwwww

知識が枯れないうちにサクッと試験を受けようかと思ったけど、
↓のようなエラー画面が出て試験の予約ができず・・・。
image

会社のPCやら家のPCやらあらゆる環境で予約しようとしたが全てNG。
しびれを切らしてココに書いてある電話番号へTEL。
Webフォームによる問合せだとうまく送信できなかった・・・。

オペレーターに「氏名」「MCP ID」「連絡先」「メールアドレス」を伝えて本人確認。
原因はあっさりと判明。
どうやら住所に日本語文字列が含まれているからだそうな。
現時点で、登録する個人情報は全て英語か半角数字で登録しないといけないんだと。
オペレーターさんが代わりに編集してくれるので、
編集が完了したらメールに連絡してくれる模様。

これでなんとか試験予約ができる。

いろんな場所で予約しようとしても何度もエラーになったので、
そもそも試験予約自体できないんじゃ!?と思った・・・。

何とか試験予約できるようになったので、
近々試験を受けようかな~。
また結果等は追ってご報告すると思います。


ROTRINGのトリオペンというボールペンを買った

先日、Lamyのお気に入りボールペンがわずか1年半という短い生涯を終えた。
その後任を色々探していたのね。
ジェットストリームの替芯が引き続き使えるもの限定で。
そして「ROTRING(ロットリング)」というメーカーのボールペンが
いい値段でそして品質も人気も上場とのこと。
それに決めた!!

早速Amazonでポチー


投資信託の残高紹介(2016/3/15時点)

いつまでこのネタ続くの!?
無論、ブログをやめるまでwwwww

過去の記事はコチラ。
【2015年】
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

【2016年】
1月
2月



【悲報】Lamyのボールペンが物故割れた

たぶん、買ってから約2年くらい。

追記:
購入当時のブログ記事
2014年11月に買ってるから約1年半か。
短すぎィ!!


ちょくちょく落としてたんだけど、
落とし所が悪かったのか、
ノックするところからバキッと割れてしまった(´・ω・`)

image

結構いい値段した上に、
かなりお気に入りで使ってたのになあ〜。

本当にショック。
皆んなも高めのボールペンは大事に扱おうね!


資格を取らなきゃ(使命感)

SEをやってるとかならず付いて回るのが「IT系資格」。
国家資格である「情報処理技術者試験」をはじめ、
様々なベンダー系資格が多数あり。

IT業界に携わっていると
技術の変化が早すぎるというか、
一昔には通用していた技術が今ではショボいということが稀によくある。
なので、SEは常に勉強というか、
最新技術の動向は常時抑えておかないといけない。

その日々の勉強の成果を
「資格」というモノサシで証明することで
周囲にドヤ顔できるというわけだw
会社によっては奨励金が出る場合も。
俺も会社の目標制度で何かしらの資格取得に向けたことを書かないといけなくて、
今までは勉強してますアピールしかしてなかったけど、
いい加減何か取らないといけないかなぁと思うわけですわ。


今持ってる資格
国家資格の情報処理試験では、
「ネットワークスペシャリスト」まで持ってる。
「情報セキュリティスペシャリスト」の試験を受けようかなと思ったが、
春期試験は既に締切状態。

Microsoftの資格(俗に言うMCP)では
MCSEの2003まで持ってる。
既にWindows 2003は終了しちゃっているので、
今更ドヤ顔してもプークスクスって笑われるわなw

Linux系の資格(LPIC)は
レベル2まで持ってる。
ちなみに期限は2018年7月まで。
昔はLinuxをゴリゴリ触っていたので資格を取ったけど、
今は専らWindowsオンリーなので次はどうしようか悩み中。

他にはOracleとかHP-UXの資格も持っているが、
今更取ったところで会社から「今の業務と関係ないよね?」って一蹴されそう・・・。

今、取得を目指す資格
情報処理試験は今から勉強しても秋まで受験できず。
Linuxはまだ余裕ある。
だとすると今目指すべきはMCPかなぁ。

MCPも様々な資格があり、
Windows Serverだけでなく、SQLServerやExchange、クライアントOSやOfficeまである。
全部取りたい!っていう人は流石にいないだろうけどw

俺は今MCSEの2003を持っているので、
アップグレード試験に合格すれば
MCSA」ってのに認定されるようだ。
というわけで、このMCSAを目指そう!!

勉強方法
そういうのは他のサイトとかを調べればいくらだも出てくるので、
俺の勉強方法。

【実機環境】
評価版を利用。
今なら仮想環境とか簡単に作れるから
とりあえず入れときゃ-いい。

【書籍】
通称、赤本と呼ばれるMCP試験に特化した本が売られている。
MCSAを取るためには、
対応した試験に合格すれば良い。

試験も番号が振られており、
俺が受けようとしている試験は417。
対応している赤本はあるかなーと思ってみたが残念ながら無しwwwwwwwwwwwwwwww
公式サイトには↓の方が対応しているよ!って書いていたけど、
コレ英語やんwwwwwwwwwwwwwwww

417のアップグレード試験の範囲は410~412の3つからそれぞれ出題されるようなので、
410~412の赤本を押さえとけば大丈夫なんかな?

ただ3冊も全部買うのもアホらしいので、
色んなサイトで調べながらわからんとこがあれば
赤本なりなんなりで確認するって方法が一番ベストかなぁ。


MCPの試験をこれから初めて受ける!って人は、
アップグレード試験ではなく1つずつ410~412を受けよう。
以下、それぞれの赤本。





がんばるぞー(`・ω・´)

忙しすぎてブログが更新できん・・・

毎年3月になると年度末なので、
仕事量が半端無く増える。

もう今月は既に残業時間が15時間超えたwwwwwwwwwwwwwwwwww
PCを触る機会が仕事をしている時だけになってしまい、
(家ではあまり触ってない)
その仕事の合間でブログを書く暇がない。
つまり、ブログを更新できず・・・。

ちなみに今日は夜勤(0時~9時まで)。


しんどい

ブログを書くネタはあるんだけど、
いかんせん書く時間がない。
通勤電車の行き帰りでiPhoneから書けなくないけど、
やっぱりスマホからブログ書くのはメンドクサイw

けど、懲りずに頑張って今後も書く!

プロブロガーは毎日とてつもない数の記事を書いてて
本当に凄いなぁ(小並)

モチベーションというか、
よくそんなに文章書けるよなーと思うわ。

三日坊主になりがちな俺だけど、
このブログは今まで以上になんとか継続しているわ。
適当にガンバルゾー。